小さい家を持っている人
有利な売り方
アドバイザーから説明

ローン完済前の家を売る方法には競売と任意売却という2つの方法がありますが、住む人にとってより有利なのは後者の方法です。任意売却は、住む人に寄り添った形の売却方法なのです。

一戸建てを買うために
住宅を購入

一戸建ての家を買おうという人に、知っておいてもらいたいことがいくつかあります。家の間取りのこと。購入する方法のこと。それらを押さえておくことで、夢のマイホームをきちんと手にすることが出来るのです。

部屋を借りる時
家にかかるお金

賃貸住宅を利用するときは、不動産会社を回ってしっかりと選びましょう。実家からの独立、結婚、さまざまな機会があると思いますが、個々の事情に合わせて、しっかりと選ぶ必要があるのです。

きちんと売ること

硬貨を集める

住宅ローンの返済でお困りの方任意売却を神戸でしませんか?お一人で悩まずにご相談してみてはいかがでしょうか?

こだわりの条件でマンション・アパートを探すことが出来ます。滋賀の賃貸ならお任せ。住所や路線からも探し出すことも可能です。

任意売却の行き先は必ずしも期待通りとは行かないものです。 折角仲介業者が一生懸命債権者を説得し任意売却の同意を取り付けても本人が少しも協力的でない者が多々います。 まず多い例がいつも連絡が取れない、いつ電話をしても出ないし繋がったとしても留守電状態、連絡をするよう伝言を入れても返事が無い例です。 彼等は全てではないですが借金取立ての電話に恐怖心を持っている場合が多く出ないことも多いようです。 しかし、携帯では発信者が任意売却業者とわかっていても連絡しようとしないようです。お陰で自宅に何度も訪問して張り紙もするのですが然程の効果がありません。 そこでもう手を引くの最後通告をするとやっと連絡が付く始末です。 業者も苦労します。

任意売却の依頼者は自分の事なのに真剣さが足りないのか切羽詰った状態ではないのか、ちっとも協力しようとしない者も居ます。 しかし折角契約を交わしたのですから任意売却業者はあらゆる手立てを講じて日夜売却に奔走してくれます。実例ですがその方は妻に子供に愛想を付かされてる程のいい加減な人でした。 それでも世の中良くしたもので既に嫁いだ娘さんが親の事を思ってこちらの指示通り嫌がる事もなく協力をしてくれました。 その甲斐あってやっと客つけができました。 ところがその父親の態度に立腹したお客さんは怒ってしまって契約不成立なる始末、娘さんの悲しそうな顔が今でも浮かびます。 任意売却という制度を折角債権者のご好意で可能になっただけに残念でなりません。 利用される方は任意売却の優位性をもっと理解してもらいたいものです。

不動産の価値
住宅ローン

不動産の価値について、その基本を押さえておきましょう。住むためのものだけでなく、「資産」としても機能する不動産。社会的な経済状況などを考え合わせながら、その価値については考える必要があるのです。

業者の仕事
書類を提出

土地や住宅などの不動産を探している人に、それぞれの事情に合わせたピッタリの物を探し、見つけ、提示すること。それが不動産業者の仕事です。インターネットなども駆使しつつ、利用者に寄り添ったサービスを提供しています。